TOP

風俗体験談【風俗ハリケーン】読んだらきっと行きたくなる!

鶯谷の風俗店はデリヘルだけ

東京都台東区にある鶯谷は風俗業界ではかなりポピュラーなエリアで多くの風俗店利用客が訪れる街です。駅周辺ではラブホテルが密集しており、電車を降りて駅のホームからでもすぐに確認でき、鶯谷の街はラブホテルの印象で強くなっているような気がします。なぜ鶯谷駅の近くにラブホテルが密集しているのかと言うと、戦後の名残が色濃く出ている事がわかります。戦後間もないころ出稼ぎで上野や大塚で多くの労働者が宿舎を求めてさまよっていました。当然働き手に対して、宿舎は少なく人は溢れてしまい、上野や大塚から少し離れた場所で宿舎を求めて多くの方がその周辺まで足を運んでいました。そこで鶯谷が宿舎屋を大きく展開し、鶯谷では宿舎メインとして活気づきました。しかし、働気に出ている多くの方は男性で、長いこと働いていると性的に色々とムラムラが溜まります。それを一挙に解消できるのが連れ込み型の宿舎です。宿泊もできるけど、女の子を買ってその場で遊ぶことも出来るので出稼ぎ出来ていた男性からは好評で、その名残が今でも残り続けて鶯谷駅周辺のラブホテルが密集しているようです。密集している理由も同じことで、宿舎を経営する方はまず駅に近い場所を占領します。そして、経営力のあるお店だけが残り、連れ込み宿がラブホテルに発展していったようです。ですので駅の目の前にあるラブホテルは歴史があり、その歴史を辿っていけば戦後まで遡るかもしれませんね。また鶯谷駅周辺ではアジア圏内の外国人の方も多く、時折聞こえてくる声は外国語も混じっており不思議な印象を受けます。多くの方は多くなキャリーケースをもっており、観光で訪れている方が多いのかもしれませんが正直鶯谷では観光すると言っても霊園か寺院しかないので観光するという感じではないです。さてラブホテルが密集している鶯谷ですが、駅のすぐ近くにラブホテルがあるのでデリヘルなどの風俗店にとっては運営しやすいエリアになっています。店舗型の風俗店の運営を許可されていない鶯谷では無店舗型風俗店のデリヘルではないと風俗店を運営することは出来ません。ですのでデリヘルしかないのも鶯谷の特徴といえるでしょう。鶯谷のデリヘル店の数は非常に多く、あの狭いエリアだけでも200店近くあるようで、意外にも風俗店の多さに驚きます。鶯谷のデリヘル店の競合性は高く新規店がオープン出来るほど生易しいエリアじゃないかもしれません。


鶯谷 デリヘル

泣く泣く新規開拓した夜

いつも使ってるピンサロが混雑してて1時間待ちと言われ、泣く泣く新規開拓に走る事に。こんな何でもない平日の夜に、新潟の風俗店でここまで混雑する理由は、やっぱり安さと女の子の若さと質に理由があるんです。そこのピンサロはなんと3回転でも5千円で遊べるからお財布にも優しいですし、女の子にハズレもないですし、本当に手頃で最高なんですよね。でも今日は待ち時間を待つ程の心の余裕が自分にはなく、他のライバル店にお金を落としてやろうと思って、新潟駅前から風俗街へ歩みを進めて行きました。やっぱりソープランドやヘルスだと金額が高くなるので、なるべく5千円以内で収まる形で遊びたいんですよね。と思いながら歩いてると客引きのお兄さんが伏し目がちに手招きで指を4本立てて、どうすか?ってニカッて笑顔を見せてきました。4千円で3回転は無理だけど、最高級のギャルを2回転15分づつ30分遊べますよって事で、そのお店に決めて入店。女の子の質は中の上、位。まぁまぁ合格点でしたが、やっぱりライバル店には敵わないですね。


成田 デリヘル

不倫になっているというような気持ち

明日香さんという女性がいます。場所は新潟なのですが、風俗でしか会えない女性なのです。切れ長の瞳がじっとこちらを見ていると心臓の鼓動が速くなってしまいます。綺麗でありなおかつ、ふっくらとした唇のセクシーさが特に素敵な女性です。色白な肌は艶めかしさをさらに感じさせてくれるのでどうしても嵌ってしまいます。まぁ、それほどまでに感情移入ができるという事はそれはそれで良い事だと思っています。明日香さんは32才、年齢的にも近いので彼女といる時には風俗に来ているのではなく明日香さんとの不倫になっているというような気持ちになる事もよくあります。何度も合っているからこそこう言った感覚にもなってくるのでしょう。風俗では毎回、相手を変えてしまう方が多いようですができるならば何度かを同じ人と過ごして見るべきです。そうすると、私と明日香さんのような関係を感じられるかもしれません。それだけの価値のある女性ならは尚更です。


高知 デリヘル